スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖
心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖 
(しんむけーげ むけーげこ むうくふ )

「無罣礙」とはひっかかったり、つまずいたりするようなことがないということです。
つまり、心に何もわだかまりがなく、何のこだわりも持たなければ
何も心配するようなこともなく、恐れるものもないのですよ、という意味で
「般若心経」の教えの一節です。

「般若心経」は「こだわらなくていいのですよ」ということを教えています。
私たちの心の「苦」はすべてその「こだわり」から生まれているというわけです。

たとえば
「気にしない、気にしない…」とか
「ま、いいか」
と、口に出しながら何かに心をとらわれないように気を大きくもって、のんびりといく。
そんなことも気持ちを明るく、穏やかに生きていく方法のひとつです。
「般若心経」は本来は偉大な仏教の教えなのですが、凡人の私たちはあまり気構えず
もっと気楽にやさしく向き合ったらいいのではないかと思います。

                    akakabu


★ブログランキングに参加しています。
このブログが気に入りましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ                       
スポンサーサイト
【2008/02/06 14:29 】 | 禅語 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。