スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
任運騰騰
任運騰騰 (にんぬんとうとう)

任運とは運命に任せること。
騰騰とはくよくよせず意気高らかに生きること。
まだ起こりもしない先のことをあれこれ思い悩むより、「今を大事に生きなさい」という教えです。
私達はとかくつまらないことに心を捕らわれがちになり、気にして心配して悩んで…そんなことの繰り返し。
「なるようになるさ~♪」と運を天にまかせて大手を振って、いつもより少し大股で青空の下歩いてみましょう。きっと心も青空、元気が出ますよ。

鮎塩焼き

★ブログランキングに参加しています。
このブログが気に入りましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へにほんブログ村 ライフスタイルブログへ

スポンサーサイト
【2008/09/26 19:21 】 | 禅語 | コメント(0) | トラックバック(0) |
未徹在
未 徹 在 みてつざい

「未徹在」とは、未だ徹せず、未だに到達できない、まだまだ不十分ということです。
これは一遍上人が若い頃に興国寺の法灯国師に参禅した時、南無阿弥陀仏という念仏についての問答の中で法灯国師から言われた言葉で
「未徹在」つまり「君はまだまだだよ」とたしなめられというものです。
そこで、一遍上人はさらに修行を積んで再び法灯国師の元を訪れ、もう一度自分の見解を申し上げたのですが、それでも国師は「まだまだ」と云われます。
そして
「仏の心と一体になろうとして、南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏と云っている間はまだまだ。そんな捕われの心から離れ流れる風の音、虫の音、そういう自然のものと一体化してこそ仏の心に通ずるものなのだよ。」
と教えられます。
その教えを受けて、一遍上人はさらに修行に励んだということです。

このように、人生には完成はなく、いつまで経っても到達できないけれども
自分が「未徹在」、まだまだであるということに気付き、迷い、周りに助けられて人生を深めていくということのく大切さ、「未徹在」であるがゆえにまた頑張れるということの大切さを教えてくれる禅語です。

                     さざえ

★ブログランキングに参加しています。
このブログが気に入りましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へにほんブログ村 ライフスタイルブログへ
【2008/09/12 23:33 】 | 禅語 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。