スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
無功徳
無功徳(むくどく)

善い行いをした報いを「功徳」といいます。
下心あっての行いには功徳はありません。
無心で行うことが肝心。
だから功徳は無功徳。功徳を重ねていると思わずにすること。

しかし、人はつい自分の善行、善いことをしたことを人に知らせたくなりますね。
はじめから打算があったり、見返りを求めたりしているわけではないのだけれど、
なぜか「わたしはこんな善いことをしたのですよ」と誰かに知ってもらいたくなるのです。
でも、そうしたらそれはいっぺんに「功徳」ではなくなってしまいます。
善い行いは無心で、誰にも知らせず黙ってやりましょうと教える禅語です。
それができてこそ、心静かに満たされるのです。

スポンサーサイト
【2006/11/29 20:57 】 | 禅語 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<会社の社員であっても… | ホーム | 企者不立、跨者不行>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://zengonomanabi.blog78.fc2.com/tb.php/11-75993a80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。