スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
関 南北東西活路通
関 南北東西活路通
(かん なんぼくとうざいかつろつうず)        

大燈国師(大徳寺を開山した鎌倉時代の禅僧)の言葉。
そこさえ通過できれば、あとは東西南北どこへでも自由に道が続いているという言葉。
「関」とは悟りへ続く関所のこと、「活路」とは生きられる道、助かる道の意で、
煩悩から解き放たれた瞬間、東西南北に道がパァッとひらけるような、
本物の自由が待っているということ。
スポンサーサイト
【2006/11/29 21:57 】 | 禅語 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<松菊多寿色 | ホーム | 謙尊而光>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://zengonomanabi.blog78.fc2.com/tb.php/23-95bd0cf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。