スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
太平洋の橋になりたいと思います
太平洋の橋になりたいと思います

五千円札の顔にもなった新渡戸稲造の言葉です。
新渡戸稲造は札幌農学校を卒業後、
農商務省開拓使御用掛、札幌農学校予科教授を勤めましたが
明治16年にある思いがあって、東京大学を受験します。
その時の入学試験の面接官とのやりとりの中で
「あなたは英文をやって何します?」
という質問に対して答えた言葉がこの言葉
「太平洋の橋になりたいと思います。」
でした。
予期に反した応えが返ってきてあきれた様子の面接官が
「何のことですか?」
とさらに聞くと、稲造はこう答えました。
「私は日本の思想を外国に伝え、外国の思想を日本に普及する媒酌になりたいのです。」
果たして稲造はその言葉通りの生涯を歩み、
国際的ベストセラーといわれる「武士道」を著したのでした。
明治の時代には国を思い、世界を見つめて生きた人がたくさんいたのですね。
スポンサーサイト
【2006/11/29 22:25 】 | 名言 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<不昧因果 | ホーム | 鰻似蛇、蚕似芋虫>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://zengonomanabi.blog78.fc2.com/tb.php/38-b067a826
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。