スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
廓然無聖
廓然無聖(かくねんむしょう)

廓然とは雲ひとつない秋晴れのような空のこと、
聖とは宗教的に価値のあることを指します。
心が澄み渡って何も無いこと。
欲も不平不満も、自分の心を悩ますことは何も無い状態。
悟りを拓いて何かを得ようとする心さえ無い状態が仏教の教えの根本だそうです。
自分を責めることも、人を責めることもやめにしましょう。
良い人間になろうと何かを求めることもいらないのです。
ありのままを受け止め何もいらない…それが大事なんだよと教えてくれている禅語です。
スポンサーサイト
【2006/11/29 22:33 】 | 禅語 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<悟無好悪 | ホーム | 山深く何か庵を結ぶべき心の中に身は隠れけり>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://zengonomanabi.blog78.fc2.com/tb.php/41-1f6a6c93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。