スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
後生可畏
後生可畏(こうせいおそるべし)

「後生」とは後から生まれた人のことをいいます。
つまり若い世代の人のことです。

後生可畏也、焉知來者之不如今也(いずくんそらいしゃのいまにしかざるをしらんや)と続き、
若者を侮ってはいけないよ。若い人は将来どれだけ伸びるかわからないものなのだ。今の自分を乗り越えていかない、とどうして言えようか。
という孔子の言葉です。

若い人の育成に熱心だった孔子は、「今どきの若者は…」などということは、決して言わなかったそうです。

                                椎茸

スポンサーサイト
【2007/02/08 15:55 】 | 論語 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<春来草自生 | ホーム | 梅花和雪香>>
コメント
こんばんは
5000年前の遺跡が発見されて、
意味不明の言葉を解読してみたら
「最近の若い者は・・・」
と書いてあったとか、なかったとか・・・^^;

今の自分からみれば若い方はそのように見えるのでしょう。
自分もまた、そうであったことを忘れて・・・

私が今の若い人たちを幼く感じるのは
大人と現実に理想を求めすぎるところ
でしょうか・・・・
私が子どもの頃は
大人がずるいこと。
うそつきなこと。
勝手気ままなこと。
知りつつも
大人にはある種の尊敬(畏敬というべきか)
を持ちえていましたし、大変なんだな、と
大人になることの責任感も感じていました。

大人も大人の世界のまま、
たとえだらしなくても子どもには
自信を持ってたように思いますが・・・^^;

【2007/02/11 22:35】| URL | 雪仙童子 #jQ1Enq7k[ 編集] |
今どきの若者って…
雪仙童子さん、こんばんは。
いつの世でも「今どきの若者は…」と年配者はぼやいているものなのですね。
じゃあ、つきつめて考えてみれば
大昔の大人が一番立派だったってこと…?
そうではないですね。
5000年前の遺跡にも「今どきの…」と言っていたなんて、なんだかおかしいものですね。
そうやって凡人はいつもぼやいて愚痴をこぼしているってことでしょうか。
【2007/02/14 00:44】| URL | しゃらら #3GdeFmaY[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://zengonomanabi.blog78.fc2.com/tb.php/52-ffe0b4b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。