スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
一無位真人
一無位真人(いちむいのしんにん)

「無位」とは一切の立場や名誉・位をすっかり取り払い、何ものにもとらわれないということです。
そして「真人}とは真実の自己、すなわち真実の人間性のことです。

人はさまざまな問題に悩み、壁にぶつかったときに、はじめは他に原因があると考え、他を責めてしまいがちですが、それでは悩み苦しむ心は変わらず、心の平安はありません。
なんとかその苦しみから逃れようと、さらに自己を掘り下げて見つめていくと、悩みや苦しみの原因はすべて自分の中にあると気付くのです。

「ああ、これではいけない。自分はなんとつまらないことで思い悩んでいたのだろう。」
と気付いたその人が「一無位真人」。
つまり、なんの欲望も無く、貴賎、貧富、凡聖、男女、老若などの違いなど一切関係ない世界の中にある真実の人が「真人」であり、誰も皆、一人ずつそういった自分を持っているのですよ、そのことに気付きなさい、という禅の教えです。

                クルマユリ

スポンサーサイト
【2007/07/15 04:56 】 | 禅語 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<天下蔭涼樹 | ホーム | 一雨潤千山>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://zengonomanabi.blog78.fc2.com/tb.php/62-79b94805
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。