スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
閑坐聴松風
閑坐聴松風(かんざしてしょうふうをきく)
心静かに座っていれば、聴こえてくるのは松に風があたる音ばかり。
そんな音も心が急いていては気付かないことの方が多い毎日。
「松風」とは茶席では「炉がいこって湯がたつ時の音」を言い、
一切の雑念を捨て、静かに座ってただ松風の音を聴く。
静かに座って耳を済ませば澄み渡った音が聞こえてきますよ、という禅語。

とかく日常の雑踏に紛れ、心静かに時を過ごすということなど
なかなかできなくなりました。
それでは真実が見えなくなってしまいがち。
天地自然の恩恵をも感じなくなってしまいますね。
何も特別なことをしなくても、ただその場で
心を静かにじっと周りの音に耳を傾けてみる…。
それだけで、日ごろ気付かなかった小鳥のさえずりとか虫の鳴く声とか
風の吹き渡る音を感じて、自分の心がす~っと澄んでいくのがわかります。
落ち着いて考えてみればすぐそこにある真実が見えてくると、
いつも禅語は教えてくれます。
スポンサーサイト
【2006/11/29 20:50 】 | 禅語 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<益者三友、損者三友 | ホーム | 君子有三変>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://zengonomanabi.blog78.fc2.com/tb.php/7-2d8f1d1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。