スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
忘筌
忘 筌 (ぼうせん)

「伝灯録」の中に出てくる荘子のことばです。

筌とは、「ふせご」という竹編みで作られた漁具のことで、魚などを捕るのに必要な道具です。
しかし魚を捕らえてしまえば必要ない物ですね。
魚を捕るという目的を達成してしまったら、そのような道具はしまって忘れておけばよいというのです。

つまり、目的を達成したならそれまでの手段のことは忘れてしまいなさいということを教える禅語で、
深く掘り下げれば、悟りのことを言っています。
悟りを得られたならば、教本などにこだわらなくてよいというのです。

例えばサービス業などにおいては、お客様を接客するためのマニュアルというものがあります。
そのマニュアルを学ぶことは、お客様を快くおもてなしするという目的のためのひとつの手段であり、
それらを身に付けたなら、、マニュアルは必要なくなります。
しかし、私たちはとかくマニュアル通りでないといけないと勘違いし、時にはそのことにこだわるがためにお客様に不愉快な思いをさせるということもよくあるのではないでしょうか。
それでは本末転倒ですね。
そんな戒めを教えてくれる禅語です。

雪割りそう


                      
★ブログランキングに参加しています。
このブログが気に入りましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へにほんブログ村 ライフスタイルブログへ
スポンサーサイト
【2008/03/05 15:36 】 | 禅語 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<一以之貫 | ホーム | 心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖>>
コメント
こんばんは。
ご無沙汰しております。

本末転倒・・・多いですね^^;
人事を心配していたはずなのに、解消すると怒りを向けたりすることが多いようです。
「心配したのに!」とか「心配させるな!」とか
なにより、「心配したんだぞ」というのは押し付けがましくていけません。
心配が解消したとき、「良かった、安心した」
そう言えるようでありたいものです。
『心配』と言う言葉が入ってなくても充分その事は伝わっているはずですもんね。
【2008/03/20 04:15】| URL | 雪仙童子 #-[ 編集] |
お元気でしたか?
雪仙童子さん、お久しぶりです。
茶道、華道、書道などを学ぶ場合においても、よく言われることですね。
まず手本を真似て、身につけたら次はそれを少しくずしてみる。
そして最後にはそこから離れる…。
なかなかそこまでいきませんけどね。
【2008/03/20 23:27】| URL | しゃらら #3GdeFmaY[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://zengonomanabi.blog78.fc2.com/tb.php/72-7aa1e131
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。